生活に関するFAQ

Q.現地の大学生の一般的な食事を教えてください。

A.学食で提供される食事は、カンボジアのローカル食で、白米+副菜2~3種が一般的です。インド人講師に人気のインド料理メニューも   あります。また、併設するリゾート内のレストランのメニューを、学生割引を活用してご利用頂くことも可能です。現在、2019年度に向けて、日本食の導入も検討しております。(有料オプション)

 

 

Q. 生活用品で不足なものの買い物はいつできますか?

A.敷地内に生活必需品を購入できるショップがありますが、週末は大学とプノンペン市内を往復する大学のシャトルバスを運行しておりますので、都心のイオンモールや、近くの市場まで学生たちで買い物に行くことが可能です。入学時は、おおよそ1か月分程度持参すれば対応可能と思います。バスタオルやタオルなどは各個人でご準備ください。

 

 

Q.学校生活で制服などの決まりはありますか?

A. 特に服装の指定はありません。キリロムは涼しく過ごしやすい気候なため、カジュアルな服装で生活する学生が多いです。入学式などの公式行事の際には、入学時に配布されるポロシャツを着用します。

 

 

Q. 学生は普段どんな履き物を履いていますか?スニーカー、サンダル等ですか?

A.動きやすいスニーカーやサンダルで授業をうける学生が大半です。

 

 

Q. 寮の中では靴を履きますか?

A.寮内は土足厳禁となります。裸足か室内用のスリッパやサンダルを履きます。現地でも調達可能です。

 

 

Q. 冷蔵庫はありますか?

A.現時点で冷蔵庫はありません。ただし、医薬品の保管など特別な事情がある場合にのみ、設置を許可しており、特定の寮で冷蔵庫の設置を計画しています。 

 

 

Q.寮の建物に鍵はありますか?

A. あります。建物入口のドアにカギが取り付けられております。

 

 

Q. 机は鍵付きの引き出しがありますか?現金、クレジットカードなどを保管する場所はありま すか?

A.机には引き出しはありません。ただし、各個人のハンガーラック内に貴重品ボックスがあり施錠が可能です。また、寮を管理するオフィスには大型のセキュリティボックスがございますので、そこに貴重品を預けることも可能です。

 

 

Q. 寮と学校は近いのですか?徒歩で何分位かかりま すか?

A.寮と大学は同一敷地内で、徒歩で約10分~15分程度です。

 

 

Q.洗濯をしてくれると聞いていますが、どのようなシステムですか?

A. 週に1度、リゾート内のランドリーサービスに出すことができます。学生寮の部屋ごとに回収のスケジュールが組まれており 、洗濯完了後はランドリースタッフが寮まで届けてくれます。 特に雨季は洗濯物が返ってくるまでに時間がかかるため、洋服やタオルは多めに持ってきていただくのが良いかと思います。 尚、ランドリーサービスは、学費・生活費に含まれているため別途料金はかかりません。

 

 

Q.衣服のハンガーをかけるスペースはありますか?ハンガーは何本位持参していいですか?

A.室内に1人ずつのハンガーラックがあり、ハンガーは針金風のものを20本程度かけられます。ハンガーは各自で持参してください。(現地の市場などでも購入可能です)

 

 

Q.シャンプー、リンス、ハンドソープは各自用意ですか?
A.シャンプー、石鹸などの生活用品は各自で用意をしていただきます。

 


Q.ドライヤーは各自用意ですか?

A.各自で準備をお願いします。カンボジアと日本では電圧が異なります(日本100Vカンボジア220V)。日本の電気製品を持参する際は、電圧対応製品か注意してください。

 

 

Q.お水や、コーヒー等を飲むお湯はありますか?

A.ウォーターサーバーがキャンパス内ほか各所に設置してあり、無料で給水・給湯することが可能です。

 

 

Q.ベッドはどのように利用しますか? シーツは日本から持っていったらよいのですか? また、タオルケットはありますか?
A.学生寮はでは4名1部屋で生活します。ベッドは各部屋に2段ベッドが2つ設置されております。マットレス、枕、シーツ、掛布団は、こちらでご用意いたします。また、タオルケットはございませんので、必要に応じ各個人で持参・購入ください。プノンペン市内のイオンモールでも購入可能です。

 

 

Q.パスポートの更新について教えてください。

A.パスポートはカンボジアの日本大使館で、残存期間1年未満から更新可能です。

 


Q.シャトルバスについて教えてください。

A.学生用のシャトルバスは、週末(金曜から月曜)にかけてキリロムプノンペン間で運行されます。学生には年間18回分の往復チケットが配布されます。 18回を超える分からは別途料金がかかります。(往復16.5USD(VAT込))

 


Q.広い敷地でなぜ4人でルームシェアなのですか?部屋割りはどうなるのですか?
A.ルームシェアを行っている理由は、言語及び私生活、価値観の交流を促すためです。部屋割りは、外国人(日本人学生含む)学生・カンボジア人学生との相部屋で、学年をまたいで1部屋に生活します。なお、学生寮での共同生活を希望されない学生や、よりグレードの高い住環境を希望される学生については、賃貸・購入物件をご紹介することも可能ですので、その際は別途お問い合わせください。

 

 

Q.日常生活でかかる費用の目安を教えて下さい。

A.寮生活をする際の日用品全般、外出をした際の食費雑費などで、月5000円~1万円(50~100USD)程度が目安と思われます。プノンペンで食事をしたら1回500円、市内で乗り物に乗ったら200~300円程度なので、高額なものを購入しない場合は5000円以内で納まります。スマートフォンの通信費はキリロム域内に滞在する場合はWIFIを利用できるので無料です。域外で通信をする場合も月300-400円あれば十分な通信料を確保できます。

 

 

Q.携帯電話は、今日本で使っているものではなく現地で購入したほうがよいのでしょうか。

A.お持ちのスマートフォンがSIMフリー対応の機種でしたら、そのまま、カンボジアでSIMカードを購入し、差し替えることで使用可能です。SIMカードは市内で13$程度で購入可能です。SIMフリー非対応の機種をお持ちの場合は、カンボジア国内で利用できる機種を新たに現地で購入することができます。

 

Q.日本人のスタッフの方はいますか?

A.リゾートスタッフと大学スタッフ含め現在4名のスタッフが常駐しています。また、日本人のナースも毎週末滞在しています。 

 

 

Q.現在何名の生徒がいますか?

A.日本人生徒に関しては、1期7人、2期21人の計28名が在籍しています。

 

 

Q.インターネット環境は十分にありますか?

A.レストランや受付などのリゾート内施設、キャンパス、各寮にWi-fiが設置されています。政府による電力供給が一時的に立たれた際にも予備電源によりWi-fiをお使いいただけます。

 


お金に関するFAQ

Q.学費・生活費に含まれるものを教えてください。

A.学費・生活費の中には、授業料、教材費、寮費、食費(朝昼夕の3食)、キリロムプノンペン間の移動費、Wifi通信費、水道光熱費の他、大学で貸与するPCやiPad(VRに変更の可能性あり)が含まれます。生活・学習に関するほとんどの費用が含まれています。

 


Q.学生にクレジットカードを持たせることは可能ですか ?
A.可能です。日本では金融機関や百貨店などでVISA/Master/JCBなどのカードが発行可能で、クレジットカードがあるとキャッシュレスで買い物ができます。キャッシングも可能なため便利です。
(参考)家族カードの発行について家族カードの発行は、通常18歳以上となりますが、カード会社によりお子様が海外へ留学するケースは15歳以上で申し込み可能な場合がございます。詳しくは各カード会社様にお問い合わせをお願いいたします。

 

 

Q.学生の生活費の送金はどうすればよいですか?

A.学生はカンボジアで現地銀行の口座を開設します。そちらに海外送金をしていただくか、もしくは、日本からのクレジットカード(家族カードなど)を発行し現地で必要な購入物等をカード払いしたり、現金をキャッシングしたりします。キャッシュパスポートの利用も便利です。

(参考) 【キャッシュパスポート】 https://www.jpcashpassport.jp/

通常のクレジットカードとは異なり、日本で保護者が入金し、その金額を上限として、現地で現金を引き出したり、クレジットカードとして利用可能です。保護者側で金額の上限管理ができるのがクレジットカードと異なる点です。


医療に関するFAQ

Q.保険証はカンボジアで使えますか? また、代わりになるものがあるのでしょうか。
A.日本国内用の保険証は、カンボジアを含め、海外で利用することはできません。海外での医療受診の際は、本学で加入する保険(外傷のみ)もしくは各自でご加入頂いた保険で対応することになります。

 

 

Q.病気や怪我した時の医療費は各個人が負担しますか?
A.はい、各個人でのご負担になります。本学学生が加入する保険(外傷)の対象範囲内の医療の場合、一旦支払いを個人で立て替え、その後、保険費用を保険会社に請求して頂くことになります。

 

 

Q.大きな怪我・病気になったときの金額の目途はわかりますか?
A.医療費用に関しては、症状及びその病院により異なりますが、過去の本校学生・スタッフの以下事例を目安とお 考えください。

参考: ・内科医に1回かかった場合 約140USD(約16,000円)

    ・歯科医に1回かかった場合    約100USD(約11,000円)

             ・捻挫・外傷・レントゲン治療に1回かかった場合     約120USD(約13,000円)

 

 

Q.在学中に、精神的なことで相談したいことができた時の第三者相談機関はありますか?
A.本項では、メンタルヘルスケアに特化した第三者相談機関とは提携しておりませんが、プノンペン市内に日本人医師のいるクリニック・病院の紹介が可能です。

・サンインターナショナルクリニック     ※心療内科医   https://siclinic.com/

・サンライズジャパンホスピタル プノンペン ※心療内科あり  http://www.sunrise-hs.com/index.php/jp

 

 


入学試験に関するFAQ

Q.入試はどの程度の難易度ですか?過去の試験の公開はしていますか?

A.公平性を帰すため、入試に関する詳細な情報は公開致しかねます。ご了承ください。

 

 

Q.オンライン受験とはどのようなものですか?

A.カメラ付きパソコンを用意していただき、テレビ電話にて担当者の監督のもと受験していただきます。問題用紙はファイルにて試験開始時に送付し、解答もオンライン上で行っていただきます。

 

 

Q.合格したらいつまでに入学金を支払わなければいけませんか?

A.入学試験をどれだけ早く受けても、4月入学の場合は4月1日までに払っていただければ入学可能です。

 

 

Q.試験時間はどのくらいですか?

A.IQテストは30分間、数学テストは120分間です。