英語とITで世界が変わる

未来が変わる

君が変わる

  • 入学当初は英語インテンスコース
  • 一日中英語での生活
  • 4年間で約500万円
  • 全学生対象の大学の奨学金制度
  • 日本では実現できない教育システム
  • リアルなビジネス感覚を身に着ける

学科紹介

先端技術IT学科

Software Engineering

英語で先端ITを実践インターンシップとして、経験を積めます。トレンドのAIやVRなどの技術をいち早くインターンシップとして取り組み、卒業時に超即戦力エンジニアを目指します。

国際ホスピタリティ経営学科

International Leaders Hospitality Management

ホスピタリティ分野での経営的な成功と実践されたリーダーシップの理解を深めます。インターンシップによる業務経験と、業界経験の長いベテランまたは有力者の方との交流を通じて、業界経験を定期的に学ぶことができます。

学食

授業

インターンシップ

自由時間


先端技術IT学科の

インターンシップ

キリロム工科大学におけるインターンシップとは、授業でインプットされたプログラミングなどの様々な技術をアウトプットするために、生徒が学内にあるバーチャル・カンパニーに所属して各々で実力を発揮していく場です。以下は2つの事例です。

就職マッチング会社。

優秀なIT系学部卒業生を企業に紹介するプラットフォームを作成中。IQ、Java、C++などの言語を含むJobifyが作成した試験をベースに優秀な候補者を紹介できるようにする。現在オンラインマッチングプラットフォームの仕組み作りとオンライン試験のシステムを作成中。

ソフトウェアソリューション会社。

機械学習、AI、電気通信技術、ソフトウェアの品質管理と問題解決のための研究開発を行なっている。

直近の大きなプロジェクトとして、社内全体のVoIP (音声データの転送、監視するシステム) のセットアップをし、通話の記録および、LineやFacebook messengerなどの外部ツールとの連結を可能にした。

学生の声

M.Aさん 先端技術IT学科

海外進学してよかったこと

大学内企業を起業し、人のメンバ―とも英会話とプログラミングをしています。みんなの力で大学内外をより良くしていける体験が出来て、とても嬉しいです。

受験生へ一言

キリロム工科大学は海外の大学なので、英会話ををせざるを得ない環境があります。更に大学内で起業する独自の仕組みで、仕事でも使える実践的なプログラミング経験を得ることができると入学して感じました。

将来の夢

英語もプログラミング言語も使いこなしていきます。


Y.Nさん 国際ホスピタリティ経営学科

海外進学してよかったこと

異なる文化圏で生活すること自体が刺激的です。また、早くからインターンが始まるので、日本の大学では経験できないことができて、実践的に楽しく学べます。

受験生へ一言

英語が共通言語となりつつある中で、英語で実践的に学べる環境で大学生活を送れるのは、すごく強みになると思います。

コミュニティは狭いものの、その分みんなと仲良くなれるし、毎日本当に楽しいです。

将来の夢

経験を積んだのち、日本に今までなかったようなホテルを創りたいです。