学費・奨学金

キリロム工科大学は、世界中のあらゆるポテンシャルの高い学生へ(家庭の経済状況を問わずに)平等なチャンスを提供する理念があり、学費・生活費は国立大学の中でも最も安い水準で、4年間学ぶことができるよう設定されています。 

先端技術IT学科

 

 手数料の種類

USD 日本円

入学金 

$2,000 220,000円

設備費

$2,700 297,000円

1年次学費・生活費

$10,600 1,166,000円

2年次学費・生活費

$10,600 1,166,000円

3年次学費・生活費

$10,600 1,166,000円

4年次学費・生活費

$10,600 1,166,000円

合計

$47,100 5,181,000円

 ※各年次費用内訳

  • 学費、教材費(パソコン・VR貸与 <VRは年度により変更になる可能性があります>)
  • 学生寮費、家具、全食費、シャトルバス利用費
  • Wi-fi利用費、水道・光熱費、諸生活補助費
  • 保険料(外傷のみ)

※1USD=110円で計算しています。日本円は、為替レートにより変動いたします。

【実質負担金ゼロで学べる独自の給付型奨学金制度】

※先端技術IT学科のみ、国際ホスピタリティ経営学科は対象外です。

1.成績連動型奨学金(給付型)

先端技術IT学科に在籍する全日本人学生が対象で、卒業要件を満たした学生は全員17,000USD、さらにインターンシップ科目の成績に応じて最大で17,000USDを、卒業後4年間で分割受給することが可能となります(合計:最大34,000USD)。

(留学等の理由でインターンシップ科目を受講しなかった場合、上記金額から減額の対象となることがあります。)

 

2.スポンサー企業勤務奨学金(給付型)

卒業後の進路を「弊社または弊社の指定する奨学金スポンサー」とし、そこで4年間の勤務をした場合、「スポンサー企業勤務奨学金」として最大16,000USDを受給することが可能となります。

 

※成績連動型奨学金とスポンサー企業勤務奨学金の合計最大50,000USDは、キリロム工科大学の4年間でかかる全ての費用に8年間の利子相当分を加えた金額です。

大学の奨学金プログラムの説明

【参考】日本学生支援機構の奨学金活用について

上記2つの奨学金プログラムは、どちらも卒業後に給付されるため、在学中の学費・生活費の支払いにはご利用いただけません。在学中の学費・生活費の支払いに関しては、任意で、日本学生支援機構第2種奨学金(海外)を利用することも可能です。詳細は、日本学生支援機構、または、在学している高等学校にお問い合わせください。

国際ホスピタリティ経営学科

 手数料の種類

USD 日本円

入学金 

$2,000 220,000円

設備費

$2,700 297,000円

1年次学費・生活費

$7,075 778,250円

2年次学費・生活費

$7,075 778,250円

3年次学費・生活費

$7,075 778,250円

4年次学費・生活費

$7,075 778,250円

合計

$33,000 3,630,000円

※各年次費用内訳

  • 学費、教材費(パソコン・VR貸与<VRは入学年度により変更になる可能性があります>)
  • 学生寮費、家具、全食費、シャトルバス利用費
  • Wi-fi利用費、水道・光熱費、諸生活補助費
  • 保険料(外傷のみ)

※1USD=110円で計算しています。日本円は、為替レートにより変動いたします。