キリロム工科大学卒業後の就職・キャリアについて

キリロム工科大学の日本人1期生は2018年4月に入学したばかりです。カンボジア人1期生(先端技術IT学科)は2018年11月に卒業し、カンボジアの他の大学では得られない条件のドリームジョブを手にした学生も多く活躍しています。しかし、カンボジア人学生と日本人学生では、進路は全く同じではありません。では、キリロム工科大学の日本人学生には、卒業後、どのような進路の選択肢があるのでしょうか?

英語圏の国で働く

日本の大学を卒業して海外の企業で働くことは簡単ではありません。キリロム工科大学は4年間英語で授業を行いますが、通常の日本の大学ではこの量の英語に触れることは困難です。また、キリロム工科大学では、先端技術IT学科、国際ホスピタリティ経営学科とともに、インターンシップを通して実践力を養います。「英検1級レベルの英語力+実社会で必要とされるスキル+日本人としての経験」の3つの総合力で英語圏の企業の採用面談を通過しようというのがキリロム工科大学の考え方です。約5,000時間のインターンシップ、約2年間のインターンシップ(国際ホスピタリティ経営学科)の活動の結果は、皆さんの履歴書をとても魅力的なものにするでしょう。

日本で仕事に就く

日本人であることは、やはり日本企業において強みになりますので、日本企業への就職も選択肢の1つです。現在、日本は人手不足ということもあり、英語ができ、かつ先端ITのわかる人材はとても価値が高いといえます。また、キリロム工科大学は、学科を問わず、第4次産業革命後も生き残るであろう成長企業と産学連携していますので、日本人学生のみなさんが就職したい企業にも、その関係性を最大限に活かしたアプローチができます。キリロム工科大学は、日本の企業と比べると、卒業の難易度が高いです。しかし、そこで身に着けたスキルへの信頼こそが、多くの企業が学生を優先的に受け入れてくれるようになると考えています。

起業する

先端技術IT学科には、バーチャルカンパニー(VO)という仕組みがあります。そのVCに実際に投資してくれる投資家が見つかれば、そのままスタートアップ企業としてスピンアウトすることができます。また、国際ホスピタリティ経営学科もカリキュラムの中に経営に関する授業が組み込まれており、さらには、インターンシップを通して新規事業立案の場を経験したりなど、将来企業にチャレンジできる環境が用意されています。


(参考)カンボジア人の就職・キャリア

カンボジア人が海外で働くのは簡単ではありません。多くの英語圏の国はドアを閉ざしています。一方で日本はASEANの高度人材に対して開放的です。キリロム工科大学のカンボジア人卒業生は日本語を大学でトレーニングするわけではありませんが、英語と先端ITが分かる人材として日本で働きます。4年後に彼らが日本にそのまま残るのか・カンボジアに戻るのか・それとも米国やシンガポールに転職するのかまだ分かりませんが日本や日本企業での経験が彼らの労働市場での競争力に大きくプラスになることは間違いありません。