キリロム工科大学について

平均年齢約25歳。経済成長が年7%程度で増加し、2080年まで人口が成長し続けると言われるカンボジア。この国の高原、広さ9,000ヘクタールの「キリロム国立公園」の森の中にキリロム工科大学は位置します。

 

本学は「日本の高等教育はどうあるべきか」という問いから出発しました。テクノロジーが飛躍的に進化し、求められる人材の要件が加速度的に変化する中で、その一役を担う教育機関は日本にはありません。また、日本をはじめ「英語が出来ない」「お金がない」国の若者で、「リーダーの素養を持つ」者をグローバル人材に育成する機関は、世界に目を向けてもありません。本大学はこれらの社会課題を解決するため、ビジネスの方法で持続可能な成長を目指しています。

 

また、国連により採択された国際目標「SDGs(持続可能な開発目標)」にも取り組んでいます。SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。そのうちの13の目標に取り組み、活動しています。>>詳しくはこちら

vキリロムパインリゾートの写真
学生の集合写真

キリロム工科大学(KIT)の沿革

2014年

  • 日本の連続起業家である猪塚武がキリロム工科大学を設立
  • 先端技術IT学科を開設

2018年

  • キリロム工科大学第1期生が卒業
  • 日本人学生第1期生(キリロム工科大学第5期生)が入学開始 

2019年

  • 観光経営学科を開設

2021年

  • 建築学科を開設予定
  • 修士課程(情報工学)を開設予定

(※コロナ禍に伴い、入学時期が2020年11月より延期)


ミッション・ビジョン

キリロム工科大学の経営理念について

 

学長・理事長メッセージ

Leng Phirom学長、猪塚武理事長からのメッセージを見ることができます。

マネジメントチーム

学長・副学長・学科長と理事会構成員の名前と略歴を見ることができます。