国際ホスピタリティ経営学科

学科長挨拶

 ツーリズム・ホスピタリティ業界はテクノロジーによって大きく変革されようとしています。TripAdvisorやExpediaのようなオンラインの旅行代理店の普及により、オフラインの旅行代理店は斜陽産業になりました。一方で大量の外国人が日本を訪れるようになり宿泊施設は圧倒的に不足し値段が高騰しています。円の価値が下がった事や安倍政権のクールジャパン政策が上手くいった事などありますが、背景には世界の中間所得層が増え、LCCが普及することにより海外旅行に行ける人が劇的に増えたことがあります。

 

世界的にFacebookなどのSNSが普及して簡単に他の観光地の真似ができるようになり差別化が難しくなりました。そして差別化されている著名な観光地には世界中から観光客が殺到し観光公害と言われる社会問題も発生しています。キリロム工科大学の国際ホスピタリティ学科はこのような未来の日本を先取りした学びの設計になっています。

カリキュラムの特色

ホスピタリティ業界において成功するためのマネジメントとリーダーシップについて、実践を通して学びます。2セメスター制で、1年のうち6ヶ月間はインターンシップを行うことで、外の世界ではどのような仕組みになっているかを根本から理解することができます。また、「グローバルホテル企業でマネージャー候補として活躍したい」、「自身でホスピタリティに関連する事業を立ち上げる起業家になりたい」など、それぞれの学生にカスタマイズされた育成プランが作られます。

 

1.ツーリズム・ホスピタリティ業界のテクノロジーによる変革

 

2.他の観光地に対して長期的な差別化を実現するための「Once in a Lifetime Experience」な顧客体験のデザインスキル。日本に不足している世界の富裕層向けのサービスを作れる人材になります。」


3.世界中のホテルチェーンで不足している新しいホテルの新規立ち上げ要員として、卒業時からマネージャーまたはトレーナーとして活躍できるスキル。

4.6ヶ月単位で世界中のホスピタリティ業界を回って3つの国でインターンをすることで実戦経験を積みます。第1・第3・第5・第7セメスターはキリロムで座学授業、第2・第4・第6・第8セメスターはインターンシップです。

5.IELTS5.0(英検2級レベル)で入学できる英語の大学であり、卒業時にはIELTS7.0(英検1級レベル)を獲得できます。

Tom Low

国際ホスピタリティ経営学科 学科長

The London School of Economics & Political Science(修士)卒業。


インターンシップ先

1年次 vKirirom Pine Resort
2年次  カンボジア国内 
3年次

ASEAN諸国(シンガポール・タイ・マレーシア等)

4年次 日本・欧米・オセアニア

資格

取得学位:ホテル観光経営学(学士)

英語版資料ダウンロード

ダウンロード
国際ホスピタリティ経営学科
英語版の国際ホスピタリティ経営学科の資料です。
Leaders-in-Hospitality-ForJP.pdf
PDFファイル 667.0 KB

入試情報・学費