大学案内

学長メッセージ

 キリロム工科大学は第4次産業革命に最適化された大学です。様々な業界を破壊するテクノロジーの登場により世界は混乱しており、インターネットの登場以降、多くの大学が時代遅れになっています。新しいコンセプトに基づいた新しい大学の創造が世界的に必要とされています。
 国連のSGDsでも世界中の全ての人に高水準の教育が求められていますが、第4次産業革命に必須である英語でのIT教育を受けることが日本やカンボジアの子供達にとても困難になっている現状を踏まえてキリロム工科大学の設立に踏み切りました。

 本来はキリロム工科大学は日本で作られるべき大学だと思います。しかし、日本の大学制度の中ではなかなか実現できない教育方法を採用していますのでカンボジアの教育の復興を支援する目的もかねてカンボジアに設立しました。
 現在設立より4年が経過し、カンボジア人の一期生が巣立って行きました。約半数の卒業生は日本で勤務しています。我々は、日本やカンボジアの学生だけでなく世界中の学生を全寮制のキリロム工科大学に集めて、英語が苦手な国や貧しい家庭出身のリーダー候補の学生に多くの挑戦の場を提供し、学生の成功をサポートして行きたいと思います。

  我々の大学は、今は少し変わった大学に見えますが、将来我々の仕組みが世界の主流になるはずです。キリロム工科大学で、「自分の力で社会を変える力」を身に着け、世界への第一歩を踏み出してみませんか?

 

キリロム工科大学 学長
猪塚武

早稲田大学、東京工業大学修士卒。アクセンチュアを経て1998年に(株)デジタルフォレストを創業。日本一のアクセス解析ソフトを作り、2009年にNTTコミュニケーションズ社に事業売却。 ASEANに移住し2012年にvキリロム事業をスタート、シリアルアントレプレナー。世界的な起業家組織EOの日本支部会長、カンボジア支部会長、アジアの理事を歴任。4/1より日本人起業家のグローバルネットワークである一般社団法人WAOJE 代表理事。vKirirom Pte. Ltd. CEO,、vkirirom Japan株式会社 社長、A2A Town (Cambodia) Co., Ltd. Presidentを兼務。


教育理念

キリロム工科大学は卒業生が第4次産業革命のグローバルリーダーになれるようにデザインされています。成長企業との産学連携を徹底し企業のデジタルトランスフォーメーションも支援します。

特色

キリロム工科大学は英語力が不足していたり、貧しい国・貧しい家庭出身だったりして英語でのグローバル人材になるための教育を受けられないグローバルリーダー候補者に、英語で先端ITなどの授業を行い世界で活躍できる人材になってもらうための学費・生活費(実質)無料の全寮制大学です。


沿革

2014年10月 キリロム工科大学開校、先端技術IT学科開設
2018年4月 日本人学生第1期生(キリロム工科大学第5期生)入学
2018年11月 キリロム工科大学第1期生卒業
2019年4月 国際ホスピタリティ経営(ILHM)学科開設(予定) 

組織図


vKirirom Nature City

キリロム工科大学はvKirirom Nature Cityの中にあり、vKirirom Nature Cityの司令塔的な存在です。最終的な居住者のうち35%がキリロム工科大学とスタッフ・先生のご家族になる予定です。